ヘアメイクアーティストの職場一覧

yuka522048_TP_V (1)
ヘアメイクアーティストは、脚光を浴びる方々を華々しく表舞台へと送り出すために、メイクを施すお仕事です。
人気は以前から高い分、実力も求められる職業です。
ヘアメイクアーティストというと、テレビや雑誌などのメディアで活躍する方を相手に、お仕事しているイメージが強いのでないでしょうか。
今回は、ヘアメイクアーティストがどういう職場で働いているのか、見ていきたいと思います。

化粧品メーカー

ヘアメイクアーティストとして、着実かつ段階的に実力を養うために、化粧品メーカーに就職する人が多くいます。
新商品の開発に携わるか、実際にお客さん1人1人を相手に適切な化粧品を提案、もしくはメイクを施すのが、主な仕事内容になります。
化粧品メーカー次第では、ショーやイベントでメイクをできるチャンスがあります。実力を認めてもらえれば、可能性は大いにあるのではないでしょうか。

ブライダルサロン

ブライダルサロンで働くヘアメイクアーティストの業務内容は、幅広い特徴があります。
事前に行われるヘアメイクリハーサルにそこまでの早さは求められませんが、結婚式当日のお色直しやヘアセットなどは、どうしても時間に追われてしまいます。
大変かもしれませんが、とてもやりがいのある職場です。

ヘアメイクプロダクション

ヘアメイクのプロダクションは、ヘアメイクアップアーティストが特に就職したいと思う職場です。
理由としては、テレビや雑誌などに出る俳優やタレント、モデルを相手にメイクをする事が挙げられます。
華やかなイメージがあるかもしれませんが、クライアントに要望に沿ったメイクをするだけでなく、生活も不規則になってしまう事もあります。

美容室

最近の美容室ではトータルビューティーを目指しているところも多いので、以前よりもヘアメイクアーティストの活躍の場が増えています。
美容室である以上、接客をしなければいけませんが、そういう視点から学べることも多いのではないでしょうか。

まとめ

ご紹介した職場以外にも、ヘアメイクアーティストが活躍できる職場はいくつもあります。
このように、ヘアメイクアーティストの活躍の場は広がっています。
そのため、自分がどういう場所で働きたいかを明確にする必要があるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする