ヘアメイクアーティストになるには|ヘアメイクの仕事をしよう

hairmake-401
ヘアメイクアーティストになるためにはどのようなルートがあるでしょうか。
仕事の存在は知っているものの、実際になろうとすると何をするべきなのか分からない部分が多いと思います。
少し特殊な仕事のように感じるかもしれませんが、実際のヘアメイクアーティストのはどうなんでしょうか。
限られた才能を持った人にしかできないような難しい仕事というイメージがあり、自分にはできないと思っているかたは、ぜひこの記事を参考にしてヘアメイクアーティストとしての道も考えてみてはいかがでしょうか。

なるには

ヘアメイクアーティストになるには、必要が学歴や知識は存在しません。
しかし、プロとして活躍するにはヘアメイクやメイクアップの技術はもちろん、それに付随する専門知識が必要になります。
これらは独学で学ぶことももちろん可能ですが、覚えることや技術を身につけることは限界があり、非常に効率が悪いものになってしまいます。
そのため、専門学校や短期大学で学ぶことが効率的で独学では知ることのないことも学ぶことができます。
また、最近では美容師免許が必要とする動きがあります。
メイクアーティストとして活躍するには、美容免許しの資格を前提として就職に臨と良いでしょう。

資格

メイクアーティストになるには、特別な資格を保有していなければならないという規定はありません。
しかし、未経験からメイクアーティストになるために有利に働く資格が存在します。
その中の一つとして、メイクアップ技術検定試験があります。
未経験だと実際に技術や知識を持っているのか、わからない部分が多いため経験者優遇になります。
資格一つ持っているだけで、ヘアメイクに関する知識や技術を最低限持っているという名刺がわりになるので、本気でヘアメイクアーティストになりたいのであれば取得すると良いでしょう。
知識や技術の他にも、接客マナーやカウンセリング技術なども見られるので、総合的に力があるという印にもなります。
<h2まとめ

ヘアメイクアーティストなるには、特別な資格や学歴は必要としないため、志せばだれにでも道は開けている仕事です。
しかし、ヘアメイクに関する知識や技術は必要とされているため、独学だけではカバーしきれない部分が出てくるので専門学校や短期大学で効率的に学ぶと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする