ヘアメイクアップアーティストは|ヘアメイクの仕事をしよう

h03640081
ヘアメイクアップアーティストとして、最もイメージするのが俳優やモデルの方を相手に、ヘアメイクする仕事だと思います。
しかし、ヘアメイクアーティストの実際の仕事は想像しづらく、具体的な仕事内容が見えてきません。
ヘアメイクアーティストとはどのような仕事をしているのでしょうか。
また、どのようにしてなることができるのでしょうか。
なかなか実態を掴むことができないヘアメイクアーティストの実態に迫り、その魅力ややりがいについて深く見ていきます。

仕事内容

ヘアメイクアーティストの仕事は、モデルや俳優さんの個性や雰囲気、TPOに合わせて最大限に魅力を引き立てるためのヘアメイクをすることです。
ヘアメイク事務所に所属して仕事を始めることが一般的で、時には映画や舞台などのメイクも手がけることがあります。
ヘアメイクアーティストといえども、ヘアメイクだけが仕事ではなくメイクやそれに準ずること全てが仕事範囲となります。
そのため、ヘアメイクの仕事のみならずファッションやメイクの知識も身につけていなければなりません。
また、時代によってファッションの流行が大きく変化していくので、常に学びを吸収していく姿勢が必要になります。
センスを磨くためにも、ファションには敏感でいましょう。

魅力

ヘアメイクアーティストの魅力は、自分自身が手がけた仕事がカタチに残る点です。
映画や大きな舞台を担当する場合があり、自分の技術でセンスで一つの作品を作りあげることで、仕事が映像や雑誌に実際にカタチとして残り、やりがいを感じる瞬間でもあります。
自分の仕事が、多くの方の目に触れる媒体に残ることは他の仕事ではなかなかできない経験のため、ヘアメイクアーティストの特権の一つとも言えるでしょう。
たくさんの人に届けられるため、より良い仕事をしたいという気持ちも常に持ち続けることができるでしょう。

まとめ

ヘアメイクアーティストは、主にモデルさんや俳優さんの個性やTPOに合わせて魅力を最大限に引き出すためのヘアメイクを行うことです。
しかし、それだけではなくメイクなどファッション全般に関わる仕事をする場合もあります。
そのため、ヘアメイク以外のファッションに関わる知識も吸収しなければならないのです。
また、自分の手がけた作品が映像や雑誌などカタチの残るので、他の仕事では味わえないようなやりがいを感じることができます。
人とは違った人生を歩んでみたいと考えているかたは、ヘアメイクアーティストに向いているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする