ヘアメイクの仕事は|ヘアメイクの仕事をしよう

800x800_0_90
ヘアメイクの仕事は、様々な分野で活躍するこができます。
プロダクション、サロン、企業に所属する人、活躍の場は多岐に渡りニーズの高い仕事とも言えます。
雑誌や、テレビ、CM、映画など華やかな業界で働くようなイメージが強く、人気の高い仕事ですが、ヘアメイクの実態はなかなか認知されておらず、名前は知っているけれど具体的な仕事像は分からないという方がほとんどだと思います。
ヘアメイクとは実際にどのような仕事をし、どのような方が目指して働いているのでしょうか。
また、ヘアメイクの仕事をするためには、どのような知識・経験・資格が必要なのでしょうか。
これらのことを踏まえつつ、ヘアメイクについて深く見ていきましょう。

仕事内容

ヘアメイクの仕事は、名前から想像できるようにモデルやタレントなどの表舞台に立つ方のヘアスタイルを整える仕事になります。
目的や状況、雰囲気によってヘアスタイルを臨機応変に変化させて、どのように魅力的に仕立て上げるかがヘアメイクの腕の見せ所になります。
また、ブライダルの舞台でもヘアメイクは非常に活躍しています。
結婚式などでは、テーマや雰囲気はもちろん新婦の要望を加味してヘアメイクします。
しかし、それだけではなくドレスや和装の着付けなどもお手伝いすることも、仕事範囲となります。
ヘアメイクだけが仕事ではないので、付随する様々な知識も積極的に学ばなければなりません。
そのため、自分がどのようなヘアメイクになりたいのかというイメージを具体的に持つようにしておきましょう。

求められること

ヘアメイクになるためには、求められることはいくつか存在します。
まず、何よりも求められるのが「早さ」です。
ヘアメイクは決められた時間内で、仕事をこなさなければなりません。
ヘアメイクが立ち会う現場は、時間が厳格に決められており、少しでも時間を押してしまうと多くの方に迷惑をかけてしまうことになります。
そのため、ヘアメイクのクオリティをしっかりと保ちつつ、時間を気にしながらの仕事をすることが求められるのです。
また、「コミュニケーション能力」も求められます。
ヘアメイクは一人で行うものではなく、周囲のスタッフやお客様との会話の中からベストなものを提案するものです。
ヘアメイクにとって、イメージやどのような雰囲気を作っていきたいのかをコミュニケーションによって把握して、仕事をしなければならないのです。

まとめ

ヘアメイクの仕事の範囲は非常に多岐に渡っており、多くの現場で活躍することができます。
華やかな仕事のイメージが強く、人気の高い職種の一つです。
ヘアメイクとして仕事をし活躍するためには早さが求められます。
ヘアメイクが仕事をする現場はスケジュールが綿密に組まれていることが多く、少しの時間のズレも許されません。
そのため、素早くかつクオリティの高い仕事をしなければならないのです。
また、多くの方と関わり合いながらの仕事なるので、コミュニケーションが求められます。
ヘアメイクの仕事は、現場では重宝されて、舞台の雰囲気を一気に華やかにするものなのです。

>>ブライダルのヘアメイク求人をチェックしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする